(写真:夫と小太郎)  書いてる人:ライラ


by XXhousewife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Being mother

長年の大変な不妊治療を経て、先日お母さんになられた方が
最近、日記を更新してくれていてとてもホッとしている。

しばらく更新されていなくて、もしかしたら別なところで書いてるのかな、とか
勿論それはそれでいいんだけど、引き続き同じところで続けてくれるのは嬉しい。


「我が子」って、可愛いんだろうなぁ。


おなかを痛めて産んだ、というのも、違うのかなぁ。
そこはまだ私には分からないですね。
いや、勿論違いますよね。当然ですね。

吉井さんの公式サイトに、またコラムが復活していて
吉井さんのお父さんのことが書かれていて。
吉井さんのお父さん、というのは旅芸人だったのだけど、吉井さんが出来て、それでは食べていけないというので、一座を止めて仕事について、作業中の事故で26歳の時に亡くなっています。
その時、吉井さんは5歳。

その吉井さんのお父さんというのが、どうやら祖父母と血がつながってないのではないか、という話。
旅芸人さんなんかにはよくある話らしく、その一座の座長と女芸人さんの間に出来た子どもを、その吉井さんの祖父母にあたる夫婦が引き取ったんじゃないか、ということで。

でも、祖父母は二人ともそれを否定していたそうです。
一度、吉井さんのお父さんとお祖父ちゃんが喧嘩して、「お前は俺の親じゃないからだろ」とお祖父さんを殴ってしまったと吉井さんを抱いて泣いていたお父さん。

後から、お母さんがお祖父さんにそのことを聞くと、「あいつは俺の子だよ」と笑っていたそうです。

ずっとお父さんのルーツが気になっていた節のある吉井さんですが、今回、自分がそうやって父親のルーツを探ることは、すごく野暮なことなんじゃないか、と気づいたそうです。
お祖父ちゃん、お祖母ちゃんの子どもが、吉井さんのお父さんで、吉井さんはその子どもで。

そうやって長年感じていた、「吉井」という名字への違和感もなくなったみたい。
やっと自分の名前を愛せるようになったと、今回改めて書いていて、「不惑の四十」を歩む吉井さんをやっぱりステキだなぁと。

吉井さんのお父さんは他に兄弟もいなくて。吉井さんのお父さんと、お祖母ちゃんは40近くも年が離れていたそう。


もし、私たち夫婦がそんな旅芸人の一座にいて、ずっと子どもができなくて
そこに誰にも育てようがない子どもが生まれたら、「縁」だと思うだろうな。
「我が子だ」と思うだろうな。
そして、自分たちのところに来てくれたことにとっても感謝するだろうな。

何をもって不遇とするか、なんて人が決めることじゃない。
大きな愛があったら繋がっていくよね。

産む経験がないので、どうしてもそっち側への共感が強くなってしまうのです。
何事も経験だけど、人それぞれあたわるものは違うから、こればっかりは仕方ない。
でも、私は、それもステキだと思います。

吉井さんのお父さんは早くして亡くなったけど、お祖父ちゃんお祖母ちゃんは孫の顔まで見れて幸せだっただろうな。お祖母ちゃんが亡くなり、お祖父ちゃんが亡くなって、その後を追うようにお父さんが亡くなった、というのもまた…。深い縁を感じます。


色々思うけど、「産む、産まない」の決意・選択ではなく、ただ子どものいない人生は歩みたくないかもしれません。

でも、私のちょっとだけ面倒くさい人生に子どもを付き合わせるのも、悪いような気もします。
そう考えると、本当に子どもって親を選べないんですね(笑)。
いや、江原さんは「選んでる」って言いますけどね。スピリチュアルな意味では選んでるんでしょうけど。



縁かぁ…。
縁ですね。


多分、今あるループを抜け出した先に、何かあると思っているので
今はそのループを上手に脱却すべく前進あるのみです。
[PR]
by XXhousewife | 2009-05-14 11:56 | 日記・雑記etc.

つぶやき

カテゴリ

小太郎さん
日記・雑記etc.
独り言
風景
嵐・大野智
吉井和哉
読む・見る・聴く
きもの
不妊よもやま
出産準備
携帯から

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧