(写真:夫と小太郎)  書いてる人:ライラ


by XXhousewife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

私もそうしよう

いったいどこまでやれば、そしてどうやって生きれば、納得できるんだろうか。
一日の終わりにはそれなりの納得があるが、月の終わりには徒労感が残る。
なにか結果が出ていないような気がしてしまう。そんなことはなく、本は出ているし、原稿は書いているし、ちゃんとやれているのだが、やっぱり「ぜんぜんなにもしていない」という気分になってしまう。
どうしてだろうか。この、自分のやったことに対する満足感のなさは……。
今月こそは「よし、今月はよくやった」と言える月にしたいと思う。
そうするにはどうしたらいいんだろうか? なにが足りていないんだろうか。
考えることか、行動することか、それとももっと別のなにかだろうか。

……と、ここまで考えて、昨日、久しぶりに読んだエンデの「モモ」を思い出した。
なにごとも時間がかかる。時間が必要。モモはそう言っていた。
私はたぶん時間泥棒に時間を盗まれていて、それで月の終わりになると徒労感が残るんだろう。
なにひとつ結果なんて出せないんだ。そんな短い時間で。
何十年もの時が必要なんだよ。一つのことを考えるにも、一つのテーマとかかわるにも、一人の人とつきあうにも……。時間をかけることだ。
とにかく時間をかけてやることだ。そう言い聞かせて今月は過そう。
時間がいる。なににつけても時間がいる。即席でやらないこと。時間を無駄にしていると思わないこと。時間というものの見方を変えること。時間と競走しないこと。自分の人生に流れる時間、自分の速度について知ること。時間について学ぶこと。
六月はそんな月にしよう。


~田口ランディさんブログより引用


40歳を目前にして、時間というものが思ったより沢山あることに気づくことがあります。
それは、多分とても幸せなことなんでしょう。
[PR]
by XXhousewife | 2009-06-02 01:02 | 日記・雑記etc.

つぶやき

カテゴリ

小太郎さん
日記・雑記etc.
独り言
風景
嵐・大野智
吉井和哉
読む・見る・聴く
きもの
不妊よもやま
出産準備
携帯から

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧