(写真:夫と小太郎)  書いてる人:ライラ


by XXhousewife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

判定日のドタバタ

判定日に夫は飲み会で…とは先に書きましたが、まずは夫と向き合って喜び合い、家族への報告は胎嚢なり心音なりが確認されてからでも遅くはないだろう、とその日会っていたSちゃんとも話していました。

そうやってブログに書くのももっと後にしようかな、と思ったりしていました。

そんなSちゃん宅からの帰り道。
東京にお嫁に行ってる従姉妹から連絡が。久しぶり~、どうしたの?なんて言ってたら

「札幌に帰って来てるんだけど、大叔母さんの件で連絡したの」

と、言われ、もう随分な高齢で以前からもう随分悪いと言っていた大叔母さん。
「え?大叔母さん、どうかしたの?」と私が慌てると、彼女はさらに慌てて

「ええ?…亡くなったんだけど~」

とのこと。
ええ!と驚く私以上に驚いている彼女。

「え?え?ライラちゃんもお悔やみで東京に行くって聞いたから電話したんだけど」とひどく困惑している様子。


大叔母さんが亡くなったことも知らないのに、なぜか私も東京に行くことになっているという…。
すみません、そういう親なのよ。と思いつつ、従姉妹には謝り、また連絡するね~と電話を切り。


というわけで、結局その日の内に親に連絡を取らなくてはいけない状況になり、治療については親にも打ち明けていたので(打ち明けないと、色んな用事を入れられ、あてにされ、断るとあてにならないと文句を言われるのです)親に「で?どうだったの?」と聞かれたので、「はぁ…まぁ…大丈夫でした。」と。

私としては憲ちゃんに先に報告したかったので…とは言ってみたものの、母曰く「昼間全く連絡が取れなかった」(しかし、携帯には一回も着歴無し)という怒りがあるのか、「結果OKだったのになんですぐに連絡しないんだ」とひねたのかはよく分からないけど、「あ、そうなの」みたいな感じで、そしたら遠くで親父が「ライラに会いに行こうかな」とか言ってるわよ、と言うので、「来なくていいです」と言ったら、「お父さんの顔を見たら流産しちゃうかもね」と言われ、更に「お父さんが流産しそうだって言ってるわよ」とか言ってて、「そういうこと言わないで」と言ったら、「そういうこと言うなって怒ってるわ」とかって「この子ったら何を怒ってるの?」みたいな口調。


鬼門だ。こいつら、やっぱり鬼門だ。


と一瞬すごい暗闇に引っ張られそうになりましたが、真実は一つ。
あいつら何も考えてね~んだな、と。
私ももういつまであいつらに引っ張られてたらいけないね、と気を取り直し。

結婚11年目にして子どもが出来たって言ってる娘に、「気をつけるのよ」って言うなら分かるけど、「流産しちゃうかもね」なんて冗談でも言うか?

という怒りはナカナカ消えませんが、私もよく親のことはネタにして冗談を言うので、私にしてはそれは「笑い話にしないとやってられないでしょ!」という言い分でも、親には冗談にしてほしくないことを冗談にされているのかもしれないな…と思えば自業自得とも言えるわけで。

翌日には、頭が冷えたのか「おめでとう。折角授かったチャンスなんだから、大事にしなくてはダメよ」と言ってくれました。こちらは少しだけ心が冷えてましたが、「ありがとう」と言いました。
これからもやっぱりいざという時に私が頼りに出来るのは親であります。些細な恨み言を引きずっている場合ではありません(笑)。

ま~、その分兄貴が異様に喜んでくれたので(それはそれでこちらがドン引きする勢いでw)、いいことにします。

うちの親に言ってしまったので、それはお義母さんにも言わなくちゃな、と思い。(本当はお義母さんに先に報告したかったんだけども)
そしてお義母さんに言う時には夫にも一緒にいてほしいな、と思い。
お義母さんが喜んでくれる顔を、夫に見てほしかったので。
それはちゃんと出来ました。良かったな、と思います。お義母さんは冷静な人なので、喜びながらもちゃんと大事にするように言ってくれました。

「あんた、お父さんになるんだね~」が最初の感想でした。
母親なんだなぁ、と思います。

これから(順調にいけばですが…)色んな過程で、自分の親たちに思いを寄せることがあるんでしょうね。今はすでに名前を考える壁にぶち当たっています(笑)。

このブログを読んでないリアル友達には、ゆっくり報告します。



ちなみに、肝心の夫は待てど暮らせど帰ってこず(笑)。
夕方に電話をくれていたので、その時に話しているから別にいいんだけど、不思議と小太郎もず~っとお父さんを待っている感じで。

さすがに12時には寝たいと布団に入りました。前日、殆ど寝てなかったからすごい眠かったし。
そしたら3時に起こされました。
満面の笑みを浮かべた夫が目の前でニタ~っと笑っておりました。
が、3時に起こされた私は不機嫌でした(苦笑)。
[PR]
by XXhousewife | 2010-05-18 14:51 | 日記・雑記etc.

つぶやき

カテゴリ

小太郎さん
日記・雑記etc.
独り言
風景
嵐・大野智
吉井和哉
読む・見る・聴く
きもの
不妊よもやま
出産準備
携帯から

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧