(写真:夫と小太郎)  書いてる人:ライラ


by XXhousewife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

セロリ、ピーマン…今は大好き

先日、実両親とご飯を食べていた時のこと。
幼少期の私の偏食ぶりをしみじみと語っていた。

本当に、野菜という野菜は全部嫌い。好きな野菜ってなんだ?というくらい。
トマト、なすび、きゅうり、レタス、きゃべつ、セロリ、ピーマン、にんじん、たまねぎ…。
魚は鮭以外はあまり好きではなく、お肉は好きだけど。
焼きそば、ラーメンと言った野菜の入るゴチャゴチャした食べ物もダメ。
納豆なんかもってのほか。
今、思い出しても、何を食べて生きていたんでしょう。


母が、「本当にこの子はどうやってビタミンB群とかをとってるんだろう、と思っていたら、すごいジャガイモが好きで、聞いたらジャガイモはビタミンB群とかの宝庫だというから…」と笑っていた。

そう。
人間はうまく出来ております。
当時の好物はジャガイモにトウモロコシに玄米パンでした。(戦後か…)

その上、おやつとかジュースとかも喜ばない子だったので。
炭酸飲料は未だに飲めません。コーラなんか飲んだことないと言っても過言ではない。

「納豆を食べている姿を見た時は衝撃だった」(私が新婚の頃の話。)

それが30年も経てば、いまや好き嫌いゼロですから不思議なもの。
食え、と言われればなんでも食べれます。よほどのゲテモノはパスですが。
ゲテモノじゃないかもしれないけど、出来ればカエルとかスズメとかも食べたくはない。

だから、というわけではありませんが、自分の身体が発する声を尊重しています。
妊娠を機に以前よりも、「これがいいよ」とか「あれはダメだよ」と言われることが増えていますが、知識としては取り入れつつも、基本的に「身体がOKと言ってる気がする」というものはあまり過度に摂り過ぎたり、逆に避けることなく、普通に食べています。

もちろん、当たり前に考えてケーキとかアイスとか、それは話が違いますが。

自分の本能というか勘を信じて。
あまり知識とかに振り回されると、自分の身体の声が聞こえなくなりますね。
なにごともバランスが大事です。

それにしても、極端な偏食家がこうなったわけですが、小さい時に無理やりにでも食べさせられた経験があるのとないのでは違うそうです。幼少期にほんの少しでも口にしなかった食べ物は、一生嫌いなんだそう。無理やりにでも口にしたことがあるからこそ克服できるのだと何かで聞いたことがあります。

親の努力に感謝です。
(当時はその努力もごみ箱に捨てられたり、犬に食わされたりしていたわけですが…←ばちあたり。)
[PR]
by XXhousewife | 2010-09-14 14:44 | 日記・雑記etc.

つぶやき

カテゴリ

小太郎さん
日記・雑記etc.
独り言
風景
嵐・大野智
吉井和哉
読む・見る・聴く
きもの
不妊よもやま
出産準備
携帯から

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧