(写真:夫と小太郎)  書いてる人:ライラ


by XXhousewife

プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧

整理整頓

本格的に色々と片付けています。

ちょうどさっき愚痴も吐き出したことで体も軽くなりました(笑)。
お義母さん、ごめんよ。こんなところで書いて。
(その上、写真まで出して)

おかげで10段の桐たんす(1)、5段の桐たんす(2)の計3個を寝室に移動出来ました。大量の着物を見てまた憂鬱になりましたが、マジで着付を習おうと思います。
Sちゃんに教えてもらおうかとも思ったけど、あまり良い生徒になる自信がないし、それきっかけで友情にヒビが入るのも嫌なので教室探してみました。一つは見学申込してみました。
和裁も習いたいなぁ、と思っていて、和裁も一緒に習うなら和裁教室もあるようなところがいいと思うのですが、大手だとちょっと何か勧誘とかいろいろ怖いです。鈴乃屋ってどうなのかな?と思っていますが、いきなり色々やるのはどうかと思うので、まずは着付けにしときましょう。

自分の部屋から桐たんすを運び出して初めて気づいたのが、自分の部屋に色んな用途のものを入れ込みすぎ…ということ。仕事のもの、プライベートのもの、家族全体の(普段使わない)もの…すべてがこの部屋に集まっていました。

仕事の書類の間から小太郎の写真が出てくるほどのグチャグチャ具合です。
ちょっと鬱々している間に居間もすごいことになっていて、今日の昼間、「前を通ったから…」と突然家に入って来た親父がその汚さに驚いていました。
5分程度の滞在の間に5回は「部屋を片付けろ」と言って帰って行きました(笑)。
ご~め~ん~な~さ~い~…。

少し前に買ってそのままになっていたウッドラックを大・中と2台組み立てて一つは仕事onlyにして少しだけ整理の目処がつきましたが、捨てるもの、移動するものがあって時間がかかりそうです。書類の整理は部屋をキレイにしてからです。写真の整理用にもアルバムを何冊か購入済みですが、そこに着手するまでにもすること一杯だぁ。

現在、力仕事を終えてしびれる手と埃まみれの部屋で休憩中です。
こんなことが出来るのは夫がいない間のみ。
夫飲み会3連夜のうちに何とかしたいものです。

明日は大型ゴミを出しに行こうか。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-30 23:59 | 日記・雑記etc.

愚痴

義母とコスモスを見に行ったときの写真を義母に渡しましたらば。


「すごくキレイに撮れてるね。カメラがいいんだね」


と言われました。
いや、その通りですが、お世辞ってもんを知らない義母です。
その上、私は風景メインの写真に人を写りこませるクセがあるのですが、その一枚をつかまえて延々と「お母さんがいない方がいい」と言われました。わざわざ指で自分の姿を隠して見せて、「ほら、お母さんがいない方がいいでしょ?K司(夫)もそう言ってなかった?親子だから(※このあたり意味不明)」。

まー確かにそれはそうかもしれんけど。
以前にも修学旅行の時に金閣寺やら五重塔やらを撮っているのにその片隅に友だちを置いて撮っていて、後から皆に「それは分からん」と言われたのを思い出しました。

でも、今回のはこれくらい。f0156184_1742583.jpg
別によくない?いや、確かにいなくてもいいんだけど、折角一緒に来てるんだし、今回はお義母さんのために来たんだし、と思っているので私はあえてお母さんを入れたわけで、別に良い写真を撮ろう!と思ってる来てるわけじゃないし。
もーなんせ、自分が撮った写真とかは自画自賛で、額縁に入れたりなんかして自慢をして見せるくせに、人の写真にこうして文句を言われると色々とウザイ。こっちは大していい写真だと思って無くても「ステキでしょ?」といわれたら、「ステキですね」って返してるっちゅーねん。
「キレイに撮ってくれてアリガトウ」を言えとは言わないけど、カメラがいいだの、自分のカバンの色がバッチリだの、黒の帽子も悪くないだの、パンツの色が合ってないだの…。
まあ、多分本気で「カメラはいいけど、アングルがイマイチだな」とか思っているんでしょう。うるせっての。
私はあくまで記念として写真を渡しているので、キレイなお花とかお義母さんが映っていない分も記念なので渡します。それを「こんな程度の写真をもらっても」と邪魔に思う人もいるんでしょうね。私は以前人にそれをしてもらってとても嬉しかったのでそうするようになったんですけどね。


ま、そーいうお義母さんなのは昔からですが。


面白い人だ、ということで今までも決着してきたので、今回もそういうことで。
でもしばらくはどこへも誘いません。


なんか変な夢を見て、うちの親父に当り散らしてるような夢で「なんでこんな夢みたんだろ~?」と考えていたところ、どうやらお義母さんへのストレスらしいと気づきました。
夫の告白以来、私自身のお義母さんへの気持ちの処理がうまくいっておりません(笑)
でも変に身構えていい子ちゃんぶるより、吐き出したほうが健康的だと気づきました。

…ストレスの発散口が親父ってあたり、私ってば無意識にお父さんにめちゃめちゃ甘えてんだな。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-30 17:54 | 日記・雑記etc.

のそのそ歩く

f0156184_15482011.jpg

小太郎のお友だちのマロンくん(パグ♂9歳)が歩行障害が出てステロイド投与になりました。歩行障害とステロイドって関係あるんだ…と思いますが、なんせ強い薬なので色々(ある意味)万能らしい、とは飼い主さんの弁。飼い主さんは「ステロイドだけは絶対にイヤ」とずっと拒否していたそうです。内臓への負担を考えると当然だと思います。

先天的なもの、年齢的なものがあってのことだとも思うので、そこに何を言ってあげれるものもありませんが昨日は二人で夕闇の中、また"ペットいるのにペットロス"状態になってました。

「ある日、突然くるよ~」と言われ、私も怖くなります。
何を気をつけていても、100%の予防策にはならない。
それでも、飼ったその日から沢山気をつけてきています。小さい時は他の犬と遊ばないようにしたし、無駄に走らないこと、ゆっくり歩いて関節の筋肉をバランスよくつくように願ったり、家も絨毯敷き詰めで…。
今は、夜寝るときに飛び上がるベッドまでの高さが気になっているので、小太郎用に階段を用意してあげようかな、とか。

どんなに手を尽くしても、何かあったら後悔してしまうでしょう。
もっと私が気をつけてあげれることはあったんじゃないだろうか、と。
それは犬でも人でも同じことだし。

吉井さんが「秋のこの時期はなんかちょっと気分がオチ気味」と言っていました。
そう言われてみれば、私もそんな気がします。
私の場合は無意識の内にもすごく短いスパンで上がったり下がったりしてるのでハッキリとは分かりませんが。吉井さんも似たようなこと書いてたな…。誰しも同じ人間、大差はないということ。

毎日の天気の良さにイマイチついていけない感じですが、この物悲しさも秋だから…なのかな。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-30 15:48 | 小太郎さん

北一条通り

f0156184_1781719.jpg

快晴が続いています。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-29 17:08 | 風景

not sure

子作りネタの途中経過。

このブログはそのためのブログではないので、あまり書かないことにしています。まだそんなに書きたくなるようなこともないし、もしそうなったら別枠で書こうと別枠もこっそり設けていますが、そっちも結局全然書いていません。

まぁ、つまり大してネタはないのです。

病院に行き始めてもうすぐ3ヶ月経ちますが全くの進歩ゼロ。まあここまで来たら焦ってもね…と、思ってはいます。一番最初に私が予約をミスったのがいけないので。
子宮鏡と卵管造影の検査からやり直そう、という話になっていてこれが全く進まない。
本当に、限られたタイミングで皆チャンスを活かそうと頑張っているんだなぁ、なんて改めて思ってるのだから平和な38歳です。お前は皆以上にチャンスが減ってるんだぞ、と(笑)。

今回も、連休があり病院と私の体のスケジュールが合わず検査は見送り。「じゃあ、卵胞チェックだけでも」と言う話だったんですが、連休のニセコの疲れで翌日の病院の予約をすっ飛ばしてしまいました。まぁ、卵胞チェックだけだし、今はまだ別に注射とかするわけじゃないし…。
結果、夫も体調を崩したので「まあ良かったかな」とも思えたり。

やる気の有る無しではなく、多分自分が「するべきこと」を淡々とこなしていく方向に明るい未来があるんだろうな、と思っています。子どもが授かる授からないも、通過点にある話。

先日、友人宅のBBQでもう生まれたときからの付き合いになる子どもたちが随分と成長を見せてくれました。特に真ん中(3人兄弟です)の女の子。
私と夫に帰って欲しくないとわがままを言います。一緒に花火がしたかったそうです。こちらが一生懸命慰めてもイヤだイヤだの一点張り。小さい子のわがままは笑って聞けますが、小学校2年生の駄々は中々感情的にリアルでウザイです(笑)。
「今度うちでやろう?」と言うと、人をにらみつけて「どこで?どこで出来るの?」「いつさ!いつになるのさ!」と私に大声で怒鳴りだし、あまりにも口の利き方がなってないので、私も「なんでそういう言い方をするの?そういう分からない約束を簡単に出来ないでしょ。」と怒りました。

すると黙ってうなだれてしまったので、「今日はもう本当に時間がないから。今度は小太郎抜きで来るし、小太郎と遊びたいときは家においでね」とハグしました。
外まで見送りに来てくれたその子は、最初バツが悪そうにしていましたが、「クリスマスにうちでパーティーやるから、そん時花火するか?」と言うと、「え~、冬はできないじゃん」と言いながら、「花火消すときは雪に刺すの?」と言うので、「おお!いいね、それ。コンクリートが汚れなくていいよ。バッチリじゃん」と言うと、笑ってくれました。冬には一緒にスケートに行こう、と約束して別れました。

子どもでも大人でも時間が必要だということを実感します。
そして、自分のごめんなさいを挽回するチャンスも。誰にでも失敗はあるもので、その失敗をいつまでも責められたら辛いものです。それが性格的なものでも、思いやりが足りない結果だとしても。
今回、彼女も私に感情をぶつけたし、私の怒りも今まで彼女に向けたことのないものでしたが、その後、笑いあう中でお互いの「OK」を確認しあうという中々大人なやりとりが出来たのに感動しました。
私は怒ったけど、ハグしようとする私を黙って受け容れてくれた彼女。彼女も彼女なりに、私の彼女に対する「OK」を感じ取ってくれたことを願います。子どもの反応は本当に素直です。
いくら相手のことを考えていても、そのベースにあるのが「NO」の感情ではそこからプラスには転じ得ない。

友人宅はなかなか自由奔放な家で、一番上の子が少し自閉症気味だったこともあったり、兄弟同士が仲が悪かったり、傍目には色々と感じることの多かった家ですが、こうなってみると3人兄弟の中で3人がしっかりと揉まれていて、それぞれにちゃんと自己主張もあるけれど、人とも上手くやっていこうとする姿勢の見えるとても頼もしい子どもたちです。自分さえよければいいや、ではなく、喧嘩が多いのもちゃんと誰かを求めている結果です。

それは一朝一夕でできることではなく、12年の親子関係の中で色んな経験の中で出された答えの積み重ねで、同じ兄弟でも全然違う、それぞれにオンリーワンな個性の人間が出来上がるもんだなぁ、と。
それは本当に子どもを持った人にしか分からない、いや、もしかしたら当事者はもっと分からない、すごい奇跡がそこにあるんだろうな、と思います。
こんな傍観は、長い時間をかけてしか見ることは出来ず、そして私に子どもがいたら見ることができなかったことです。本当に役得。

そういう意味で、私は自分で産まなくても、里親にならなくても、一生見守っていたいと思える子どもたちがすでに沢山いるのが幸せだなぁ、とは思うんですが、それは本当に傍観者でしかないので…。それはそれでいいと思うんですけどね。
当事者になりたい、という思いはそのまま「私という人間が子どもを育てたらどうなるのか?」という興味でしかないような気もしてくるし。「子どもが欲しい」という感情が、年々分からなくなってきます。親になる、というのは「子どもが欲しいから」なるのではなく、「子どもを授かったから」なるものなので、「子どもが欲しい」という感情とは切り離されていて当然なのかもしれません。「親になりたい」けど、「それは自分で良い親になれるとか思ってんの?」と自問したりしちゃいます。そんなことを思えるのも、子どもがいないからなんだってことも分かってますよ。ええ、分かってますとも(笑)。
なので、この際やる気があるなしはよく分からないのです。

「目の前にあることを淡々と…」

道は途切れるまでは続くわけだから。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-28 13:58 | 不妊よもやま

コスモス

f0156184_23251216.jpg以前から道路横に咲くコスモスを見る度に「お母さんの一番好きな花なの」と言っていた義母。先日、ニュースで滝野すずらん公園(札幌の南にある国営公園)のコスモスが見頃を迎えていると言っていたので本日連れて行って来ました。
天気がよく、それなりの渋滞も予想していましたが先週の連休疲れからかあまり外出する人もいないのかもしれません。
天気にも恵まれて、最高の秋の一日。
コスモスとかお花というのは太陽に向かって咲くんですね。ヒマワリがその印象が強かったのですが、花というものはそういうものなんだな、と改めて。コスモスの花言葉は「乙女の純真」、「調和」、「美麗」などだそう。
f0156184_23252470.jpg
f0156184_23253397.jpg


ぜにあおいと、ハロウィンなのでカボチャも映りこませて。ぜにあおいの花言葉は「恩恵」、「母の愛」、「温和」。
f0156184_23254529.jpg


なんだかキレイなクリーム色のヒマワリだったので撮りましたが名前を忘れました。
f0156184_23262675.jpg


さっきの毒キノコも滝野で撮りました。
あれは本当に作り物みたいなキノコでしたが、本物です。

夫がまた腰痛を再発させています。不摂生や管理不足などは勿論ですが、ある意味、何か心からくるものもあるのかもしれません。今年の春から夫は色々と「変ろう」としている節があり、私に対する態度も沢山考えてくれているように思うので。
自分が変ろうと頑張る時というのは、無意識に変ろうとしない周囲へのストレスも感じているような気もします。「変ろうとする」ということは、何かを変えようとしているわけなので、変化を実感できないとイライラするのではないかと。
そう思ってここのところ、私が彼に何が出来るかを考えてしまいますが、彼の求めていることに答えることが重要ではなく、お互いに一生懸命であることを知ることが大事だとも思うので、あまり考えすぎても…と分かっていても思考はなんだか右往左往。
たぶん、ほとんどが気のせいですが(笑)。

最近、二人っきりで旅行に行ってないので、そろそろどこかに行きたいね。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-27 23:50 | 日記・雑記etc.

本物の

f0156184_1351990.jpg

マリオきのこ?(笑)
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-27 13:05 | 日記・雑記etc.

一緒にBBQ

f0156184_18311483.jpg
本日、友人宅の外でBBQ(ただの焼肉?)にお呼ばれし、小太郎も参戦です。
子ども達が喜んでいますが、色々と犬も大変です。

やはり私たちにとっては子ども同様に大事な犬なので、子ども達に「小太郎と自由に遊んでおいで」とは行きません。そういう意味で、大分意識が違うんだろうな…と思います。子ども達からしても、私たちの小太郎への愛情は少々不自然に映ることでしょう。両親たちがたまに苦言を呈するのは私たちのそういう面を見ているのかもしれないですな。

仕方ないじゃん。
大事なんだもの。
勘弁してくだせぇ。

本日聞いたお話。「88星座占い」というのがあるそうです。
88ある星座すべてに当てはめて占ってくれるそうで、そのお宅の奥様は「私は南十字星なんだ~」とか言って、「へ~、かっこいいね」なんつって話してました。

帰宅後、わざわざうちらの星座を調べて「結果が面白かったから」と電話をくれました。夫は"うしかい座"という星座で、その星座は"りょうけん座"という星座を連れているんだそうです。そして、私は"りょうけん座"なんだそうで。ぴったりだ(笑)と。

星座でも私は夫に飼われているのか、と。
この力関係にはますますもって何の疑問もなくなります。
納得です。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-26 18:31 | 小太郎さん

お父さんを迎えに

f0156184_21415976.jpg

同行です。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-25 21:42 | 小太郎さん

お留守番

f0156184_205044.jpg

ごめんね。
[PR]
by XXhousewife | 2009-09-25 20:50 | 小太郎さん

つぶやき

カテゴリ

小太郎さん
日記・雑記etc.
独り言
風景
嵐・大野智
吉井和哉
読む・見る・聴く
きもの
不妊よもやま
出産準備
携帯から

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧