(写真:夫と小太郎)  書いてる人:ライラ


by XXhousewife

プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2009年大晦日

日付もとっくに変わって大晦日です。
ここ数日、ちょっとだけ精神的に余裕が無くなり何だか嫌な年越しになりそうな気がしていましたが、何とか1日を残して回復してくれました。

ありがたや、ありがたや。

今年は結婚10年目の記念イヤーで、上半期は東京に行く機会も多く異様な忙しさで、後半は甥っ子の誕生やら自分の体外受精やら、そこに嵐と吉井さんと着物、という何だか長引きそうな三大趣味が加わり。

「10年、早かったね」

なんて言いますが、実際のところこの一年だけでも偉い長さで、正直なところ「いや~・・・結構長かったわ~」と思っています。私の結婚10年、色々ありました。

目に見えるものは少ないですが。

それでも、今年は夫にとっても"転機"といえる年だったこともあり、夫の変化が一番大きな年でした。
それは間違いなく。
そういう意味では私たちの関係も、少しずつ変わっていくのかもしれません。

よい方向に変わるためには、私はもう少し精進しなくてはいけないな、と思いますが、それは違うんだろうな、とも。私が変わればよい方向に向かうのではなく、向きを変えればいいんだろうな、と。
舵取りの下手な人間が運転する限り、船をどんなに良いものに変えても、どこにもたどり着けないように。どんなおんぼろな船でも、舵取りさえ上手ければなんとかなるのかもしれません。

来年はちょっと視点を変えて、今までにない新しい気持ちで自分を操縦したいと思います。


2009年は、「ありがとう」を素直に言えるほどシンプルな年ではなかったです。
沢山の喜びもあったけれど、沢山の課題も見せ付けてくれた。

2010年は、色んなところで色んなことが色んな意味で"結実"する年になるような気がしています。
あくまで予感ですが、結果が出る年になるんじゃないかと。
それは今からどうこう出来ることではなく、今まで歩んだ結果が出るから、それをただ受け止める年になりそう。そこから何を考え、どう行動するのか試される気がしています。

それくらい切羽詰った課題の見えた一年でした。

偉そうですが、すごい低レベルな話でもあります(笑)。
ま、お気になさらず。

毎年、大晦日をさら~っと過ごしているので、感じたことを備忘録的に残しておこうと思ってみただけです。これを読んだ来年の自分を今から楽しみにしています。


残すところ後1日。
平穏なお正月を迎えられそうな人も、波乱万丈なお正月になりそうな人も、その一瞬を過ぎればHappyへと向かう道を歩いていることには変わりありません。

明日を信じて、正しいと思える道を歩いてください。

良いお年を!
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-31 02:44 | 日記・雑記etc.

ただの近況

昨日(26日土曜日)は吉井和哉のZeppライブ。
最高でした。

6月のライブも今までで最高でしたが、今回はなんか初めて「楽しませてもらった」ようなライブでした。本人いわく、「グレイテスト・ヒッツ」な選曲だとのことですが、まさに(笑)。

ただ数日前に吉井さんも親しかったアーティストの方が亡くなったことと、一曲目が亡き親友にささげた「just a little day」だったことは偶然だったのかな?いずれにしても、素晴らしい、素晴らしいライブでした。バンドメンバーは至上最強だったし。

しかし、38歳、オールスタンディングでのオープニングまでの待ち時間も含めての4時間立ちっぱなし、飛びっぱなしは中々辛かった。何度倒れるかと思ったことか。

そして、ライブ翌日、知り合いの子どもたちをつれての、10年ぶりのスケート。

すでに筋肉痛で、特に首も含めて身体の右側が痛い。
私もまだまだ元気だなぁ、と思えばいいのか、無理しちゃいかんなぁ、と反省しとくべきなのか。

子どもたちは人生初のスケートを楽しんでくれたみたいで。
子どもは色々楽しいもんですね。
f0156184_23135051.jpg

(リンクで携帯で写メってたら怒られました。すみません。)
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-27 23:23 | 日記・雑記etc.

wish you a merry Xmas!

メリクリというのもすでに死語な2009年。

21世紀だ、Y2Kだ!と騒いでからもう9年。
(Y2Kからは10年ですが。)

もう西暦が2000年代であることにも新鮮味が薄れましたね。
人生の大半をすごした20世紀も遠い昔になって
なんかこの年末になって、2009年に飽きてます。

まぁ、飽きちゃうくらい濃すぎた1年だったのかもしれません。
ありがとう、2009年。
でも、さよならはまだ言わないよ。
後1週間あるからね。


もういい加減家にいたいぞ、と、本日から大掃除開始。
家の奥から攻めようとまず風呂場と台所をきれいにしました。


昨日のうちに夫にはクリスマスプレゼントを。

「明日じゃないの?」

と言われたけど、毎日"それってスプリングコートじゃないの?"と言いたくなるようなハーフコート(ジャケット?)を羽織ってこの寒い中出かけていく夫を見るに耐えきれず、もうすぐに着てほしくてプレゼントしました。

ダウンが90%も入ったダウンジャケット。
軽くて暖かい!

そして、高い(笑)。

ま、でも8万円とかいうのもあったから、そんな値段じゃないけどね。


「お金ないんだぞ」

と言われましたが、それはそれ、これはこれ。
(こういう考え方だからお金がたまりません)

「じゃあ、お前にPS3とFFXIIIを買ってやる。」

と言ってくれましたが、結構です。
私は勝手に自分の好きなものを常時買っているので…。


来年の目標は「倹約」にしたいなぁ、と遠い目をして思ってしまいます。


これから買い出しで夕飯の準備。

皆様、世界で一番、愛の大切さを説いた神様の誕生日。
愛する人と良い聖夜を。

メリークリスマス。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-24 15:54 | 日記・雑記etc.

年賀状

両親に頼まれた年賀状作り。

放置してたらこんな時期に…。

本日一日で仕上げました。なかなかの出来。
8時間かかったけど。
凝り性なもんで。適当に、というのが無理。


さて、自分たちの年賀状も作らねばの。
と、思って頑張ってたけど、隣で小太郎が睨むのでそろそろ寝ます。



嵐の宿題くんがゴールデンに進出だそうで…。


ああ、なんか胃がいたい。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-23 01:39 | 日記・雑記etc.

gift

なんとなく落ち込んだり、停滞しているものを掬い取ってくれるのは
特別なイベントや、プレゼントなんかではなく

普通の仕事だったり、誰かとの会話だったりするもんだ。


仕事で上司から「S先生に連絡をして、~をしてください」みたいな指示があって
でも、その裏側にはどうやら上司とS先生との間にある溝が影響しているみたいで。

多分、その上司が準備した書類にちょっとした不備があって、それは別に大したことではないんだけども、S先生のお腹には上司に対するひっかかりがあるせいで、「ちゃんと書類を整えてよこせよ!」みたいな気分になり、上司に書類を突っ返したんだろう、と思われ。
上司も、いまいち意味が分からないので、面倒くさくなり私に丸投げしたものと思われ…。

そういう溝がある間柄で、特にメールばっかりでやり取りしていると、その人のとがった部分しか見えなくなったりするから。ま、相性とか、立場の違いとか…色々性格があるしね。

一度、私がS先生に電話をしたけど通じず、しょうがないので、メールで連絡しようとしたけど、色々ケアをしようとするとメールと言うのも実に面倒で、「通じね~かなぁ~」ともう一度電話したら、先生の声。
先生の労をねぎらい、こう動けば先生も楽になるのでは?という提案をしたり、こういう時の私は、犬が腹を出して降参している状態で、「敵意はないですよ~、降参ですよ~」と我ながら情けない気もしないではないが、そうやって生きてきた38年(笑)。

S先生は決して悪い先生ではなく、ちゃんと話せば分かる人だとも思う。ただ、こちらもS先生のことを分かってあげなくてはいけない。その比重が結構重いけど。
でも、S先生は、「いや、僕がやっておきますから」と言ってくれたので、「いや、先生の方からご連絡いただければ、こちらで出しておくこともできます」と言うと、「大丈夫ですよ」と言ってくれた。
「じゃー、なんで最初からやってくれへんねん」と思うけど、そこがS先生だって人間だもの、ってことでしょうか。

私だって、ちゃんと先生の声を聞かなければ、「細かいことをうるさい先生だなぁ」とか思って、そのせいで自分が余計な労力を使わされているような気がして疲れていたと思う。
電話してお話ができて良かったなぁと思う。
ま、S先生は上司に対して、「なんでそれくらい自分でやらないんだ」と思っているとは思いますが。
もともとS先生の不満は上司に対してであって、私には関係ないわけで、そこら辺を間違えるような人ではないということですが。

それにしても思うのは、人の気持ちを大事にすることは本当に大事。
「人の気持ちはその人そのものだから、気持ちを無視されることは存在を無視されるのと同じ」と先日夫が誰かに言っていた。その通りだなぁ。
どんな関係にあっても、すれ違うだけの人でも、「ありがとう」「お疲れ様」「ごめんなさい」。
なるべく伝えていこう。
その言葉で救われるのは、他でもない自分なんだな、と。


兄嫁さんからも、「美容室に行きたいので、ヘルプを~」とメールあり。
さっき電話で話したら、兄が付いて行ってくれるって言ったけど心もとないのでライラちゃんに…とか、結太郎が夜あまり寝ないのを兄と相談したけど、兄が変なことを言うので「明日ライラちゃんに会うからライラちゃんに相談する」って言った、とか(笑)。

「一体俺はなんなんだ~」と悶絶する兄貴が目に浮かぶ。

一番大事なのは夫婦二人での子育てだから、あまりそこに介入するつもりもないけど、頑張ってる二人の手助けになってるかな、というのを実感させてもらえるのは嬉しくもある。
あまり調子に乗らないで、手伝える範囲でね。
そうやって、兄嫁さんに甥っ子をまかせてもらえるのも、ありがたい話。


一つ、一つ。

それしかないね。



でも、実家には行かない(笑)。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-22 15:33 | 日記・雑記etc.

ほ~ら

銀世界。
f0156184_9292216.jpg

f0156184_92922100.jpg

小太郎さんは年々坊ちゃんにおなりにあそばされ、深雪がお嫌いなご様子。

…犬のくせに。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-22 09:29 | 小太郎さん

深夜の戯言

色んなループを経て、変なところにハマりそう。

「私が本当にしたいことって何だろう?」

っていうような自問は危険信号。
下手したら今の自分を全否定するような方向になっちゃう。
やばい、やばい。

ヒマな証拠。

やるべきことは沢山あるのだから、やることやろう。




思い出したことがある。
10年以上も前にどうでもいい人に言われた一言。
今でもその時の胸の痛みとどうしようもない恥ずかしさを覚えてる。
あんなヤツだったけど、しっかり見抜かれてた。

とるに足らないこと、と思っていたけど、そろそろ降参。

認めよう、私のこのどーしようもない幼児性を。
なんか、今回はそこからな気がする。

開き直るわけじゃないけど。

そこを意識しながら、今するべきことをしていこう。
その内、何かが見えてくるでしょう。



ちょっと病み気味(笑)。
ご容赦。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-22 02:42 | 独り言

やって来ました

この季節。
f0156184_1347624.jpg


前回の体外の影響なのか、体温調節がうまく行っていない感じがします。
だるさも手伝って、一日ダラダラしているせいもあるなぁ。

小太郎の散歩に行って、雪かきをして、銀行へ行って
現在悪寒がしております。風邪かいな。


母ちゃんと電話で話してすごく悲しい気分になって、事の顛末を書こうかなと思ったが止めよう。
それをいつまでも「誰かに分かってほしい」とか思うのは、意味のないことだ。

私はいつまでも「子どものいない自分」を傷として背負うつもりはない。
そのことで嫌味を言われようが、なんと思われようが、もうどうでもよいところに行かなくては。

好きで子どもを作らなかったんだ、とか、真剣に取り組まなかったからだ、とか。

誰かの目にはそう映るだろうし、真剣に取り組んだ人に比べれば確かにそうだろうし。
それに対して、「そうだね」と言える自分じゃなきゃ、この先辛すぎる。


先日、母に卵管が両側塞がっていてもう体外しかなく、一度トライしたけど…という話をした。
2回目を来年やるからその時は協力をお願いする、ということも伝えたが、自分の娘が子どもを産めない身体であることを告白される母はショックだっただろうか?
もしかしたら、ショックだったのかもしれない。
自分ばかりが傷ついているわけじゃない。人は人知れず傷つくものだ。


言わなきゃよかったね。
母ちゃん、ごめんねぇ。


お義母さんにも言ったから、一応公平に…と思ったんだけども。余計だったな。
ま、私には私の人生があり、そこに母がいて。
母には母の人生があり、そこに私と言う娘がいて。

思い通りにならないのはお互いさまで、お互いが何とか出来るのは自分の人生だけなので。言ってしまったことは後はもうどうにもならないので、母なりに受け止めてくれるでしょう。


この類の話に関しては、今すごく理性が働いている時で、もしかしたらどこかで感情が置いてけぼりになってるのかな、と思うことも。吐き気がするし。でも、あまり自覚はない。
頑張れるところまで頑張って、辛くなったら素直に泣きます。

23日、実家のクリスマスに行こうかな、と思ったけど止めた方が身のためだな。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-21 13:47 | 日記・雑記etc.

感謝すること

分かっているけど、なかなか出来てないことだなぁ、とつくづく思うことの一つ。

一つの側面を見て、「ありがたいことなんだな」と思えても
別の側面を見せられると、「それってどうなのかな?」とか思ってしまったり。


実は、すごく漠然としていることなのかもしれない。


地面から咲いた花を見て、「きれいだ」というように
何かを見て「ありがたい」と思うのではなく

雨が降って地面に水がしみわたるように、感謝というものはするものなのかな、と。

全身が潤っていくように、感謝とは受け止める気持ちのことなのかな、と。



誰が、何を、どうした。


ということに感謝することは、ひょんなことで簡単に裏返ってしまったりすることで。
すぐに「でも」とか「だけど」とかで別の気持ちが湧いてきてしまったり。


あるがままの事実を、あるがままに受け入れた時に、湧いてくる不思議な気持ち。
それが感謝なのかな。


そこから大きな花が咲くのかもね。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-19 01:37 | 日記・雑記etc.

初めてづくし

f0156184_23374899.jpg

今日は兄嫁さんと結太郎と、お買い物です。

ほぼ初めてのおでかけ。

兄嫁さんは、行きつけのお洋服屋さんへ行き、結太郎はアイドルと化していました(笑)。


「ちょっとお茶をしようか」


と色気を出して、マザーリーフに入りワッフルを食べましたが
15分くらいで結太郎の機嫌に限界が…。


それでも、兄嫁さんに一口でも美味しい紅茶とワッフルを食べさせてあげれて良かった。
偉かったぞ、結太郎。


写真は、デパートで初ベビーカーに乗った時の顔。


超超、気に入った様子。


試着とかでベビーカーから降ろそうとしたら、怒られました。



ベビーカー、買ってやるからな。
[PR]
by XXhousewife | 2009-12-17 23:37 | 日記・雑記etc.

つぶやき

カテゴリ

小太郎さん
日記・雑記etc.
独り言
風景
嵐・大野智
吉井和哉
読む・見る・聴く
きもの
不妊よもやま
出産準備
携帯から

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧