(写真:夫と小太郎)  書いてる人:ライラ


by XXhousewife

プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

元気でいてね

あまり政治的・社会的な出来事とかは書かないでおこうと思っていますが、相変わらずひどい児童虐待のニュースが耳に入ってきますね。

23歳のお母さんが3歳と1歳の子どもを放置していたとか。
1年前に離婚し、その後風俗店で働き始めて、育児が嫌になった、とか。
児童虐待については、その親を責めるだけで済むなら本当に簡単な話で、報道のあり方にも社会の見方にもいつも疑問を感じますが、そんな状態で亡くなられたお子さんが気の毒でなりません。

以前にも書きましたが私も児童相談所に通報したことがあります。

それから数回、道でお母さんにすれ違ったり、母子で歩く姿を見かけましたが、冬にはぷっつり姿を見ることはありませんでした。
アパートの外観を見ると、ある一室の窓のカーテンがひどく破れていて、あきらかに家の中が荒れているような雰囲気があり、「多分、あの部屋かなぁ…」と思いつつ見ていました。


先々月くらいだったでしょうか。そのカーテンの破れた部屋が空き室になっていました。カーテンは取り払われ、明らかに無人の様子。マンションの入り口からはそれぞれの郵便受けに名前が見えるのですが、気になったのでこっそりのぞきに行くと、あの坊やのお家の名前は無く、引っ越したことが分かりました。


当時、その出来事があった時に、マンションの住人の方が「引っ越してきたばかりのお宅なので…」と言っていたので、一年くらいで引っ越しされたんですね。
もともと、仮住まいだったのかもしれないけれども。

どんな人生を歩んでも、それが幸か不幸かは他人が決めることではないし、たとえ一見まともに見える家庭でも、その子どもにとってどんな影響があるかは計り知れないものがあります。
あの坊やが育つ、その家庭を頭ごなしに否定するほど私は強い人間ではありませんし、誰かを非難することで本当に守れるものなんて何もないと思うと同時に、無力感ばかりですね。


いつまでもそんなニュースを聞く度に、私はあの時裸足で泣いていたあの坊やを思い出します。
親なんかに負けず、逞しく育つんだよ。
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-31 22:24 | 日記・雑記etc.

甥っ子ちゃん誕生日

f0156184_16221551.jpg昨日の今日なので、変化なしだけど、薬が効いてあまり痒がる様子もなく。少し類似した湿疹らしきものが近い場所に出てるので、様子見。

昨日は夫がビアガーデン飲み会で、午前4時に帰ってきたので、朝の散歩をお願いするのは可哀そうだったので私が行きました。

詳細は書きませんが、アホな飼い主のチワワが、携帯を見ながら自転車に乗ってるアホな兄ちゃんに轢かれ、アホな私は首をつっこみチワワに咬まれた。

という出来事がありました。


ま~…言いたいことは山ほどありますが、トータルで、「気をつけましょう」という話です。
そして、私もいい加減そろそろ懲りて、余計な立場に立たないようにしないと、いずれ痛い目を見るよ、という教訓としたいと思います。指が痛いくらいで済ませたい…。

どこで誰の恨みを買うか分かりません。自分が正しいと思う知識をもってしても、それを主張する場面を間違えると「智に働けば角が立つ」ってなもんだし。気をつけます。


さて、本日は結太郎の満一歳の誕生日でした。
「HAPPY BIRTHDAY! ゆうたろう!」とキレイに飾り付けられた部屋で、両親と私と夫が参加してのパーティーでした。

私たち夫婦からのプレゼントは、木製バギー。
f0156184_16221541.jpg

結太郎は興味を示してくれるかなぁ…、興味なかったらただの邪魔な物体だよなぁ…と思いつつ、(お店には返品・交換は可能かを確認してw)買いましたが、とても気に入ってくれてしばらく下りずにおりました。

兄貴のカメラで写真をとりまくったので、私の手元にはありませんが、自分が主役のこととちゃんと分かっているようで、とてもとても楽しそうな結くんでした。
この一年間の兄嫁さんのガンバリには頭が下がる思いです。
本当なら、「一年間お疲れ様!」的なことをしてあげたかったですが、それもなかなか叶わず…。
冬にくる彼女の誕生日にちゃんとお祝いをしてあげたいものです。

久しぶりに快晴な、良い誕生日となりました。
…指はがっつり痛いけどw
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-31 16:22 | 日記・雑記etc.

15週

3週間振りに、ベビちゃんの様子を見ることが出来ました。

本人も、心臓も元気に動いてくれていて、背骨もがっしり見えてて面白かった。首の長いスマートな子に見えて、そのシルエットが旦那に似てて笑えます。

先生と手術日のことで相談。
看護婦のお友達情報では37週か38週、と教えてもらっていたのですが、先生は「うちの病院では37週でお願いしています」と言われ…。そうなると、年末年始にモロぶつかります。
37週の初日が12月29日で、37週の最終日が1月4日…という、なんか究極の選択みたいになっています。その間はもちろんお正月休み(笑)。

なんつー間の悪い…。

私としてはギリギリまでお腹に入れてあげたいと思っていたので1月4日を希望したいのですが、先生に「子宮筋腫術をした上での帝王切開というのは、一度帝王切開をした人よりも子宮破裂の可能性がちょっと高いので…」と説明を受けた(※これはどうも私の勘違いなのかどうか…。事実は分かりません。調べると違うことが出てきたので一応お断り。)ことを夫に伝えると、夫は「12月29日で出してしまえ!」と言っています。

ま、逆の立場ならそう思うだろうし、心配してくれているのでしょう。
確かに、29日を過ぎてからの「この間に何かあってはいけないんだ!」というプレッシャーはなかなか怖いものがありますね。
また、間の悪い私のことなので…。


手術日は「今すぐ決めてください」と言われたわけではないので、ギリギリまで悩もうと思います。


でもほんの一週間でも、胎児の成長には大事な日数だと思うし、生まれた後のことを考えても少しでも大きい方が…と考えてしまいます。
もし出来るなら、2000gは超えてあげたい。
ねばりにねばっても2000gを超えないなら、尚更で。


いずれにしても、なるようにしかならないんですけどね。
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-30 17:46 | 日記・雑記etc.

急性皮膚炎

夜になって突然、小太郎が頬から血を出して、その部分だけ毛がもっさり抜けていました。
f0156184_11204262.jpg


触ると、何ともない左頬に比べると、右頬が腫れていて、なんとなく膿んでいるような。随分前から耳の中の汚れが気になっていたし、まさか中耳炎が悪化してこんなことになったのでは!と思うと、脳に近い部分なので心配になったり、後は数日前に掃除機をかけようと、掃除機からコンセントを引きだす時に、たままた小太郎が真後ろにいたのに気付かず、小太郎の顔を強打したこともあり、そこから傷ができ化膿したのか…などなど、考え始めるときりもなく。

熱もなさそうだし、食欲も変わらずあったので、夜間の救急にかけこむほどではないだろうと、朝になるのを待って動物病院に行ってきました。

先生のお見立ては急性皮膚炎。丁寧に説明していただき、多分間違いなさそうです。
今年は暑いし、湿気も多いし、パグという犬種は皮膚のトラブルが多い犬なので珍しいことではなさそう。見過ごした湿疹が悪化して、こういう状態になってしまうとのこと。「顔に皺の多い犬なので、仕方ないね」と言っていただきましたが、本当に小さな変化にも敏感すぎるほどに反応して病院に連れていくことは悪いことではないな、と反省しました。

例年との気候の違いもありますが、食事などはそんなに変わったことはしていないので、最近になってマイクロバブルバスなんかに入れていたり、そういう変化が湿疹を引き起こしたりしていないかな、と考えたりしています。
人任せにお風呂に入れてもらうのは楽ではありますが、そのせいでこんなことになるのなら、家でお風呂に入れてあげた方がなんぼかいいなぁ、と思ったり。
たまたま重なっただけかもしれませんが、あの小さな体にはほんの少しの変化やストレスが何を引き起こすか分からないものです。
f0156184_1120429.jpg

診察台の上で、ほっぺの毛をバリカンとハサミで刈られる間、嫌がって動いたりした小太郎ですが、「頑張りなさい。我慢だよ。頑張るんだよ。」と言うと、私の目を見て、ジッと大人しくしはじめました。
ちゃんと分かってる可愛い小太郎です。終わった後、プリプリ怒ってましたが(笑)。

血がにじんでて、一緒に寝ると服を汚されますし、多分家中血がつきそう…。
ま、今は仕方ないですね。

塗り薬と、抗生剤と抗ヒスタミンが入った粉薬をもらってきて、一週間後にまた病院です。
多分、治るには早くても1カ月以上はかかるだろう、とのこと。気長に構えて頑張ろうね。

なにはともあれ、手術とかとんでもない心配を要する病気とかじゃなくて本当に良かった。


好事魔多し、と言うことを昔から信じています。
こういう時は普段より気をつけて、悪いことは何もない。
ただ、その悪いことが小太郎に振りかからないように、と願っています。

大事にしなくては。


今日はお父さんも夏休みでお休みで良かった。
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-30 11:20 | 小太郎さん

がんばりません

努力をして手に入れられるもので本当に価値のあるものはない。

努力とは、便秘の時トイレですること。


とホルヘ先生は書いた。
(ホルヘ先生は、数年前からの愛読書「寓話セラピー」の著者。たまに読み返している。)

努力しようとした自分、努力を怠らなかった自分にこそ価値があり、そこで得るものは便秘を解消したくらいの満足感だ、ってことだろう。(あえての上品な言い方を試みるなら…)
努力して良い大学に行き、素晴らしい資格を取り、何かスポーツで素晴らしい成績を残している人を否定するのではない。ただ、そう言われたら、本当にそうだよなぁ、と思ってしまう。

私がもし讃えるとするなら、それはその人の努力であって、結果ではない。

分かるなぁ、と思っていたらランディさんも同じようなことを最近ブログで書いていた。

ほんのちょっとでも辛いと思ったことは、継続するのが困難だった。
がんばっても、一年、二年が過ぎる頃には疲弊していた。そして別の方向へと流れる。
無理をして努力することの価値を子どもの頃から植えつけられていたから、辛いことの方が価値があると思いがちだった。振り返ってみて、努力とは苦しみではないことに気がつく。
継続できたことは、すべて楽しいことだった。楽しいから努力できたのであり、辛く苦しいことは続かない。楽しいこと、好きなことに惜しみなく努力できるようになったときが、満ち足りた状態だった。
なにが苦しくて、なにが楽しいのか本人にしかわからない。
楽しいと思おうとして、無理に自分をふるい立たせることもあるが、なにかしっくりこない。
自分のなかから出てくる「ちから」みたいなものに、敏感であることができなかった。
それを見下しがちなのだ。人は自分に冷たくしがちだ。自分に対してわざと高い目標を設定して「ほらやっぱりダメ」と諦める。

目先のとるにたらないことを、一個ずつ「できた、できた」と喜ぶ、小さな女の子を、目標の高いママが踏み潰す。そういうことは、単に自分の心のなかで起きていることだけど、心は社会とつながっていて、それが人生模様を作っていってしまう。そうして、自分がダメだと思い込む。


楽しい毎日、努力をしないでいるような日々を過ごしていると、どこかで自分を責める声がすることがある。「あなたはこんなんでいいの?」「このままじゃダメなんじゃないの?」と。
努力せずに生きることは、恥じるべきことであり、責められるべきことのような強迫観念が植えつけられているのかもしれないなぁ。

この後、どんどん変化していく毎日の中で、私は自分の努力が足りないことを責める日もあるだろう。出来ないこと、うまく行かないことに直面しながら、心の拠り所を探したり、足りないものを埋めようとしてあがいたりするのかもしれない。

でも、そうじゃないんだな。多分。

私の今思う努力の先にあるものは、もし到達できたとしても自己満足だけだ。
今までの11年間過ごしてきた生活の中に突然現れる子どもという存在にはもちろん驚くこともあるだろうし、対応できないこともあるだろう。理想とはかけ離れているかもしれないけど、今まで通り、出来ることを出来るだけ、それでいいんだな。

人に褒めてもらえるほどじゃないにしても、それなりに頑張って来てないわけじゃないしね。

自覚していたわけではないけど、妙に心にひっかかったってことは、少しばかり焦っていたのかもしれません。うっすらと自分へのダメ出しが増えていました。

あるがまま、あるがまま。

ただ、その努力の矛先が、自分の自由と子どものことを天秤にかけるような類のものでは話は違います。あくまでも私一人の心がけの話。


明日は、3週間振りにベビちゃんの様子を伺いに行きます。
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-28 16:36 | 日記・雑記etc.

愛の眼差し

「話をしよう」

王様はサブリナに夢中だった。サブリナは身分の低い女性だったが、王様に見初められてその最後の妻となっていた。
 ある日の午後、王様が狩りに出ているあいだに城へ伝令がやって来て、サブリナの母親が病気であることを知らせた。王様の私用馬車を使うことは禁じられており、破った者には打ち首の刑が待っているのだが、サブリナはその馬車に乗って母親のもとへと駆け付けた。
 狩りから変えてきた王様はそのことを知らされた。

 「素晴らしいではないか」王様は言った。「母親のために命までかける、これが親を思う本当の愛というものだ。素晴らしい!」

 またある日のこと、サブリナが城の庭に腰をおろして果物を食べていると、王様がやって来た。サブリナは王様に挨拶してから、篭に残っていた最後の桃を一かじりした。

 「おいしそうじゃのう!」王様が言った。
 「ええ、大変おいしゅうございます」サブリナはそう答えると、腕を伸ばして愛する人にその最後の桃を譲った。
 「わしはたいそう愛されておる!」後に王様はそう語った。「自分の楽しみを我慢してまで、最後の桃をわしにくれたのじゃ。感動的ではないか」

 それから数年の月日がたち、どういう理由か王様の心からは愛と情熱が消えてしまった。王様はかたわらに座る親友にこう言った。「あいつは王の妻らしく振る舞ったことなど一度としてなかった。禁令を破ってわしの馬車を使いおったこともある。おまけにあるときなど、食べかけの果物をわしに差し出す始末だ」



「事実はいつもひとつだ。そして、すべてはあるがままにある。だがこの物語のように、人は同じことを全く別の視点から見ることもできる。自分の知覚に注意せよ、という賢者バドウィンの言葉がある。

もしも自分が目にしたものが
自分に最も都合のよい現実に"ぴったり"一致するならば…
自分の目を疑いなさい!



(ホルヘ・ブカイ)
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-24 01:28 | 読む・見る・聴く

お疲れさん

f0156184_064432.jpg


昨夜からつわりagainで、夜に食べたものが全部リバースされ、朝もゼリーを食べたらリバースされ、なかなかそうは問屋も卸してくれないんだなぁ、と思って過ごしておりました。

夕方から少し元気が出て来て、具合の悪さに拍車をかける小太郎さんの臭いをなんとかしようと思い、ペットショップにシャンプーをお願いしようと電話をしたら、「30分後でどうですか?」と言われ。

先延ばしにしても、くさいのが先延ばされるだけなので、ほぼ顔も洗わず小太郎抱えて走りましたよ。
(この飼い主にして、この飼い犬あり。)


トリミング(耳掃除、肛門腺絞り、爪切りetc.)とシャンプーとマイクロバブルバスで7000円超えるのでバカになりませんが、プロの技と安全と信頼を買っているので、払う価値ありと思っています。


キレイになってますますめんこい小太郎さんですが、耳がただれているので、今度は病院に行かなくてはです。



ああ、クーラー直りまして、買った当初からちゃんと可動していなかったのが判明。
日中外出時に、安心していられるのがありがたい。
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-23 00:06 | 小太郎さん

冷えないクーラー

f0156184_18113324.jpg


小太郎のために購入した我が家ですので、入居後即行でクーラーを取り付けたわけですが、まだ数えるほどしか使っておりません。

購入当初からつけてしばらく経つと、エラー表示が出て止まってしまうので、一度業者さんを呼んだわけですが、「外の気温がそんなに(つまり、関東並みに)高くないと止まっちゃうんだよね」的なことを言われて、「そうかぁ~」なんて思ったので、外気温がそれこそ30度近くないとつけなかったり、除湿にしたり、…でもやっぱりつけようとつけても、結局止まっちゃったり…を繰り返しておりました。

今年は暑い日が結構多いし、長いし、私も体調的に暑さに弱くなっているのか、ちょっと辛い日が多く。そうすると夫がとうとう「このクーラーはおかしい!」と言いだしまして。

確かに、こんなに止まるのはおかしいよな。
車のクーラーだって全然普通に効いてるし、実家の年代物のクーラーだって普通に動いてる。
よく考えたら関東並みに暑くならないと動かないクーラーって…なんだそれ?ということにやっと気づき。

本日午前中に夫にフィルターを取り出してもらい、お手入れをしてから、クーラーをつけてみて、それでもやっぱり同じエラー表示が出て止まったので、Yドバシの修理に連絡をしました。(延長保証に入っていて良かった。)

電話の兄ちゃんに「夕方までにこちらから折り返しの連絡を入れますが、それまでにエラー表示が出た時、室外機が動いてるかどうか見ておいてくれませんか?」と言われていたので、今一度クーラーをつけて様子を見ることに…。

しかし、家電と言うものはこういうものですね。

そうなると、止まんねぇでやんの。

もうすでに6時間ほど、正常に動いております(苦笑)。


正常、と言っても大して涼しくはなってないんですけどね。21度に設定してるのに、普通に居間で汗をかいて寝るくらいの感じです。部屋の広さのせいかもしれませんが。

とりあえず、明日修理の人が来てくれるので、見ていただこうと思います。


暑い日の日中に、小太郎が一人お留守番をする日なんかに、窓を閉め切ってクーラーをつけて出たとして、もし途中で止まられちゃったら全く意味がないわけで…。なるべく、出かけないようにしようと思うし、どうしても出なきゃいけない日は最悪、窓を開けて出ます←危ない(笑)。
小太郎のために、ちゃんと活躍していただかないと困ります。
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-19 18:11 | 日記・雑記etc.

おはよう

f0156184_87513.jpg

お散歩だねぇ
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-17 08:07 | 小太郎さん

夏の夕焼け

f0156184_19101610.jpg

f0156184_19101653.jpg


印象派の油絵の色だねぇ。
[PR]
by XXhousewife | 2010-07-16 19:10 | 風景

つぶやき

カテゴリ

小太郎さん
日記・雑記etc.
独り言
風景
嵐・大野智
吉井和哉
読む・見る・聴く
きもの
不妊よもやま
出産準備
携帯から

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧